■プロフィール

hayaoki

Author:hayaoki
hayaokiです。

■最近の記事
■最近のコメント

↑ 良ければポチッとお願いします^^

■カテゴリー

■最近のトラックバック
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
岩手山(2038.2m)
8月13日は岩手山に登ってきました。実は8月1日にも挑戦しましたが、このときは強風のために6合目を過ぎたところで断念しました。
この日は4合目あたりから風が強くなり、5~6合目あたりでは立っているのがやっとの状態・・・1時間くらい岩に身を屈めて様子をみましたが、いっこうに風は収まらず・・・安全第一ということで無念の下山となりました。(いろんな方に聞きましたが、お二人ほど山頂まで登った方がいらっしゃいました)

とういうことで、13日はリベンジ登山です。

コースタイム:登山口(6:20)→1合目(7:00)→3合目(7:30)→4合目(7:50)→5合目(8:15)→7合目(9:20)→8合目・避難小屋(9:35)→9合目(10:00)→(10:50)山頂(11:20)→8合目・避難小屋(12:10)→新道5合目(13:35)→新道4合目(14:00)→新道3合目(14:15)→1合目(14:40)→登山口(15:15)

コースは馬返しコースで、新道と旧道があり、登りは旧道・下りは新道を歩きました。

岩手山
朝5時40分の岩手山です。ヒマワリが良い感じで咲いていました。

登山口
6時20分登山開始です。登山口からは山頂方面が望めます。

1~2合目間登山道  4合目付近  7合目から見る岩手山
7合目までは永遠と登りです。4合目からは岩や砂利道となり滑りやすくなります。

8合目避難小屋  9合目不動平と鬼ヶ城方面
8合目には避難小屋があります。ここは水場もあり水分補給のポイントです。

御鉢と山頂  山頂手前  山頂から見る御鉢
9合目不動平から登り切りますと、山頂は御鉢状態となっています。ここから回り込んで岩木山山頂を目指しました。

岩手山山頂
登山口から4時間30分、山頂に到着すると達成感のような物があります。
途中から雲が多くなり、展望は残念ながら見ることは出来ませんでした。

盛岡市外  登山口  岩手山
下りは新道を歩きましたが、少しながら盛岡方面が確認できました。
右の写真は岩手山を南側から見ています。ワタシは右手から登山をした事となります。

花も沢山確認できました。
最初は8月1日に撮った花々です。

クルマユリ  ??  ミヤマホツツジ

??  ウスユキソウ  タマガワホトトギス

アキノキリンソウ

ここからは8月13日に撮った花々です。

キリンソウ  ??  アザミの一種

ハナニガナ  イワブクロ  ウメバチソウ

オヤマソバ  オヤマソバ  コマクサ
とっくにコマクサの時期は過ぎていると思ったのですが、わずかながらに咲いているコマクサがありました。ラッキーです♪
今回は名前のわからない花が多かったのですが、後日わかるものがあれば追記したいと思います。


ホシガラス  ホシガラス
ホシガラスも数羽確認しました。右の写真のホシガラスは突然ワタシの近くに止まってくれました。

クジャクチョウ  クジャクチョウ
9合目付近ではとても綺麗な蝶を見ました。調べてみるとクジャクチョウというのだそうです。
キリンソウの蜜を吸いに来ていたみたいです。

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 18:53:26 | Trackback(0) | Comments(0)
鳥海山(2236m)
8月8日は秋田県と山形県にまたがる鳥海山に登ってきました。
いつもは単独行で登山をしますが、この日は職場のお二人との登山で計3名で登ってきました。

鳥海山は東北で二番目に高い山で、独立峰の山容から秋田富士・出羽富士とも呼ばれています。
登山コースは一般的な象潟(さきかた)コースから登ります。

コースタイム:登山口(5:00)→(6:00)賽の河原(6:10)→(6:40)鳥海湖(6:50)→七五三掛(しめかけ)(7;40)→(9:00)山頂御室・大物忌神社(9:20)→(9:40)新山山頂(9:50)→(10:25)七高山(10:30)→(11:45)文殊岳・昼食タイム(12:10)→七五三掛(12:30)→鳥海湖(13:25)→登山口(14:20)

駐車場  登山口
朝5時前の駐車場です。ワタシもですが、車中泊をしている人が多かったです。しかもほとんどが県外ナンバーでした。

賽の河原~鳥海湖までの景色  鳥海湖
左側の写真は秋田市方面を望んでいます。
鳥海湖は休憩ポイントとなっていて、多くのハイカーの方がいました。

鳥海湖~山頂を目指して  登山道
左の写真は鳥海湖で休憩した後に出発した写真です。朝日のために逆光となっていますが、左側に最高峰新山が確認できます。

千蛇谷雪渓  お仲間
七五三掛というところから左側にコースを取ると、大きな雪渓が見えてきます(千蛇谷雪渓)。
雪渓では冷たい雪の上を歩きます。ちょっと涼しさを味わいました。
右の写真は今回一緒に登ったお二人のKさんとTさんです。

大物忌神社  チョウカイフスマ  神社出発~新山を目指して
雪渓を渡り登山道を登りきると、大物忌神社があります。
神社周辺から山頂までは鳥海山・月山特産のチョウカイフスマが咲いていました。見たい花だったので嬉しかったですが、意外と小さい花でした。
この神社から最高峰・新山までは岩を登ることとなります。

岩の迷路  新山山頂
岩を登ったり巨岩の間をくぐったりと・・・岩の迷路のようなところを通って山頂に到着です。
山頂は狭くしかも虫が多かったので、早々と退散です。次は七高山(しちこうさん)を目指します。

新山~七高山を目指して  七高山目前
左の写真は高い所が新山山頂で、岩場を慎重に下りている状況です。
右は七高山目前の写真です。 

七高山山頂  新山と大物忌神社
七高山山頂(2229m)の様子です。ここも虫が多く早々と退散です。
七高山から見る新山と大物忌神社も撮りました。

文殊岳から見る山頂風景  下山中  扇子森から見る山頂全貌
七高山からの下山は行者岳・伏拝岳・文殊岳を通ります。左写真の右の稜線を歩いてきました。文殊岳で昼食タイムです。心地よい風が吹く草原のようなところでした。
ここからは一気に下山です。登山口には14時20分着で、9時間20分の登山でした。

鳥海山で出会った花々たちです。
ネジバナ  ヨツバヒヨドリ  ウサギギク


イワイチョウ  ヨツバシオガマ  クモマシロバナニガナ


ヤマハハコ  ミヤマリンドウ  コバギボウシ

キンコウカ  ミヤマアキノキリンソウ  チョウカイアザミ

イワギキョウ  イワブクロ  ハクサンシャジン

ハクサンフウロ  ハクサンイチゲ  ニッコウキスゲ

チョウカイアザミは鳥海山の特有種らしいです。オニアザミと見分けがイマイチつきませんが・・・^^;
ニッコウキスゲはこの日は青空の下で観ることができました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 11:06:44 | Trackback(0) | Comments(0)
秋田駒ケ岳(1637.4m)
7月25日は秋田駒ケ岳に登ってきました。東北に来て3月頃にその山容を見て、いつか登ってみたいなと思っていた山です。(3月頃の秋田駒ケ岳

登山当日は天気も余り良くなく、時折雨も降るなかの登山でしたので、現在の山容は見ることが出来ませんでした。

登山口
登山口付近です。麓に駐車場とバス停があり、そこからバスに乗り8合目の登山口まで行く事になります。
天気はイマイチでしたが、それでもハイカーの方は多かったです。

登山道
この日は霧が濃く、10m先が見えませんでした。この写真は登山道途中ですが、まともに視界が開けた写真はこれ1枚です。

山頂
山頂の写真です。登山道からゆっくりでも2時間弱で登る事ができます。

花の100名山といわれている秋田駒ケ岳という事で、たくさんの花を見ることが出来ました。

ミヤマシシウド  ナンブタカネアザミ  オニアザミ

トウゲブキ  シロバナトウチソウ  コマクサ
コマクサは大焼砂というところで見ることができます。この日は強風が吹いていましたので、写真を撮ることもやっとでした^^;

ニッコウキスゲ  ダイモンジソウ  ミヤマトウキ
ニッコウキスゲは青空が似合うのですが・・・雨の日も趣があります。
ダイモンジソウは好きな花ですが、久々の対面となりました。
ミヤマトウキは山頂で咲いていました。
ミヤマセンキュウかもしれませんが、見分けがつきません^^;

※追記です。8月13日 近くを車で通りましたので、1枚撮ってきました。
現在の秋田駒ケ岳です。
8月13日 秋田駒ケ岳

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

山登り | 02:59:52 | Trackback(0) | Comments(3)
早池峰山(1913.6m)
ちょっと忙しい日が続いていまして、久々の更新となってしまいました^^;
山の方はボチボチと登っていましたので、遅れてでもUPしようと思っています。

7月4日ですが岩手県の早池峰山に登ってきました。日本100名山であるとともに、花の100名山としても知られています。特に「ハヤチネウスユキソウ」はヨーロッパアルプスの名花「エーデルワイス」に最も近い種、しかも特産種ということで多くの登山者のお目当てとなっています。(ワタシもそうでしたが^^;)

登山コースは小田越コースの往復で、登山タイムは合計5時間くらいでした。

登山口
登山道風景です。一般駐車場からバスで登山道まで移動です。多くのハイカーの方たちで賑わっていました。

登山道  登山道  登山道
登山道は岩場が多く大変滑りやすかったです。天気は曇りで展望は全くありませんでした。
晴れた日は対面にある薬師岳を望めるらしいのですが・・・

山頂を望む  山頂から見る小田越コース
山頂付近の小田越コースです。右の写真に赤い帽子の方がいますが、この山のボランティア(管理人)さんで数名いました。早池峰山の説明や、不意の事故などの対応にあたっていらっしゃいます。

山頂の様子  山頂
山頂付近の様子です。山頂は意外に広く、各登山コースから登ってきた方たちでいっぱいでした。

早池峰山で確認した花々です。名前がわからないものもありますが・・・^^;

??  ホタルブクロ  ギンリョウソウ

ミヤマカラマツ  マルバシモツケ  ホソバツメクサ

ミヤマオダマキ  アズマギク  イワオトギリソウ

チシマフウロ  ??  ヨツバシオガマ

アオノツガザクラ  チングルマ  キバナノコマノツメ

ナンブトラノオ  ハヤチネウスユキソウ  イワカガミの群生

高山ではお馴染みのホシガラスも数羽撮ることができました。

ホシガラス  ホシガラス  ホシガラス

カヤクグリ  ヒガラ
カヤクグリとヒガラは初見です。カヤクグリは山頂で、ヒガラは登山口付近で確認しました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 05:25:31 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad