■プロフィール

hayaoki

Author:hayaoki
hayaokiです。

■最近の記事
■最近のコメント

↑ 良ければポチッとお願いします^^

■カテゴリー

■最近のトラックバック
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
焼岳(2455.4m)
おはようございます。ちょっと前の登山ですが、9月20日に北アルプスの焼岳に登ってきました。写真整理をしていなくて今頃ブログにUPです^^;
こちらも日本100名山になってまして、100名山はこれで10登ったことになります。

焼岳は北アルプスで唯一の活火山で、山頂付近では現在も噴煙を上げています。本峰である南峰は危険で立入禁止になっているので、北峰(2395m)までの登山となります。

コースタイムは、登山口(6:20)→秀綱神社(8:40)→焼岳展望台(9:30)→中尾峠(10:00)→(11:00)北峰山頂(12:00)→中尾峠(12:35)→秀綱神社(13:00)→登山口(15:00)

登山口
いろいろ登山ルートはあるのですが、今回は新穂高温泉手前の中尾温泉からのルートから登りました。

登山道
登山口から当分は原生林を歩きます。写真は標高1600mくらいで、ダケカンバなどの針葉樹林の中を歩いています。

クエスチョン  クエスチョン
このあたりで見かけた花2枚です。いずれも名前がわかりませんが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたく思います^^;

雲海
標高がだんだん上がってくると、視界も開けてきます。写真は雲海の中の笠ヶ岳です。

秀綱神社
こちらは秀綱神社です。戦国時代、秀吉方の金森長近に攻められ、中尾峠を通って信州にて非業の最期を遂げた三木秀綱を祀っています。

展望台からの焼岳
さらに登っていくと小高い山に到着です(展望台)。ここからの眺めは素晴らしく、焼岳全貌が望めます。
中央がこれから目指す北峰となります。

展望台からの笠ヶ岳  展望台からの白山
展望台からの2枚、左が笠ヶ岳で右は遠く白山が確認できました。

中尾峠
展望台から下りたら中尾峠に到着します。ここからは樹木の生えない、見晴らしの良い山頂部までの登山となります。ここから約1時間です。

登山道  登山道  登山道
登山道3枚。モクモクと噴煙を上げている箇所もチラホラと。溶岩が露出した所は滑りやすかったです。気をつけて慎重に歩を進めました。

山頂目前  岩壁の道  噴煙
北峰山頂まであと一息! この岩壁を登ると山頂です。ルートはこの1本しかなく登る人・下りる人とかなり混雑していました。噴煙が上がっている真横を通ります。

山頂
北峰山頂に到着です。バックには穂高の山々が見えています。

乗鞍岳と南峰  南峰と火口湖
本峰である南峰(2455.4m)です。先ほども書きましたがこちらは危険で立入禁止となっています。その奥には乗鞍岳も確認できました。2枚目は南峰と火口湖です。

穂高連峰
こちらは北アルプスの穂高連峰です。先月登った西穂高岳も確認できます。遠くは槍ヶ岳の穂先も見えました。いつかは槍の穂先も登ってみたいです^^

下山中
下山途中の写真ですが、穂高連峰を正面にして焼岳を下っていきました。

中尾峠
中尾峠です。右の道が展望台に行きます。左は秀綱神社までの近道です。帰りは近道を通りました^^;

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 03:58:28 | Trackback(0) | Comments(2)
八経ヶ岳の野鳥
こんばんは。どうやらこの日曜は快晴のようで、また山に行こうかと目論んでいます^^

八経ヶ岳で出会った野鳥たちです。

ビンズイ
たぶんビンズイだと思うのですが・・・木の枝がジャマです。

ビンズイ
向きを変えてくれましたが、やはり枝がジャマです^^;

ゴジュウカラ
ゴジュウカラです。以前北海道で見たゴジュウカラはお腹が白かったのですが、これはオレンジ色をしていました。

マミジロ
クロツグミかな・・・と思っていたのですが、調べてみますと、マミジロという鳥のようです。漢字で書くと眉白。ホント眉が白いですね。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

野鳥 | 00:58:35 | Trackback(0) | Comments(2)
八経ヶ岳(1914.9m)
おはようございます。9月13日の日曜は奈良県の八経ヶ岳に登ってきました。大峰山脈の中枢に位置し、日本100名山にも選ばれています。

登山タイム 7:00(登山口)→8:20(弁天の森)→8:50(聖宝ノ宿跡)→10:00(弥山)→10:40(八経ヶ岳)11:20→11:50(弥山)→12:50(聖宝ノ宿跡)→13:25(弁天の森)→14:45(登山口)

登山口
行者還りトンネル付近にある登山口です。駐車場は満車状態でした。

弁天の森  弁天の森
弁天の森付近。鬱蒼とした登山道を歩きます。倒木にもビッシリと苔が!

聖宝理源大師
聖宝ノ宿跡に到着です。聖宝理源大師の像がありました。

弥山山頂
弥山到着です。ここでは宿泊できる施設もあります。本当の山頂は神社奥になります。

八経ヶ岳
八経ヶ岳を望んでいます。天気がイマイチです。青空が欲しいなぁ・・・^^;

八経ヶ岳山頂
八経ヶ岳山頂です。近畿地方最高峰で、近畿の屋根とも言われています。

弥山  南大峰山脈
左は弥山で右は南大峰山脈を望んでいます。霧が切れたときに撮影しました。

クエスチョン  サラシナショウマ
登山道に咲いていた花で、左は?です。右はサラシナショウマです。2mはゆうに超える背丈でかなり威圧感がありました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 06:08:28 | Trackback(0) | Comments(5)
大台ケ原
おはようございます。9月6日の日曜日は奈良県の大台ケ原に行ってきました。ビジターセンターから約4時間の登山ルートを歩きましたが、アップダウウンは特になく、登山というよりはハイキングルートのような感じです。

山頂  吉野・熊野の山々
大台ヶ原の最高峰・日出ヶ岳(1695m)です。山頂まで約40分と手軽な登山ですが、いちおう百名山になっています。
大台ケ原は日本で一番の降雨地と言われていますが、この日は快晴で大展望を楽しめました。右の写真は吉野・熊野の山々を望んでいます。

トウヒの立ち枯れ  正木ヶ原
大台ケ原で一番印象に残ったトウヒの立枯れです。昭和30年代の伊勢湾台風が原因でこのような状態になったとか・・・前はコケが多くうっそうとした森だったのですが、倒木でコケが衰退して、現在はミヤコザサで地面は覆われています。そのササをエサとするシカも増えています。

最近では以前の森林状態に戻そうという計画が進んでいるようですが・・・立枯れ姿が大台ケ原の象徴となっているとは、皮肉なものだと思いました。

ミヤマママコナ  カワチブシ  ナナカマド
大台ケ原で見かけた花ですが、ミヤマママコナは初見でした。カワチブシはトリカブトの仲間で猛毒です。
ナナカマドの赤い実は久々に見ました。北海道滞在の時は、毎日のように見ていましたが・・・懐かしかったです。

大台ミソサザイ  大台野鳥
大台ケ原で出会った野鳥です。この他カケスやアカゲラなども見ましたが、写真に撮る事はできませんでした。
ミソサザイは美しい声で鳴きますが、この日は喉の調子がイマイチなのかおとなしかったです。
右の鳥は確証がもてません。最初はシジュウカラかと思いましたが、どうも違うかもです。Yachooさんのところで聞いてみることとします^^;

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 04:19:42 | Trackback(0) | Comments(2)
西穂高岳の野鳥
おはようございます。先週登った西穂高岳で見かけた鳥のUPです。(今回もライチョウを見ることはできませんでした;;)

ホシガラス  ホシガラス
ホシガラスを見かけました。右の写真をよく見るとハイマツの実をくわえています。
ホシガラスはハイマツの実が好物なのです。

ホシガラス  ホシガラス
こちらは羽を広げた所です。
かなり特徴的な姿だと思います。

イワヒバリ  イワヒバリ
こちらはイワヒバリ。不意にワタシたち登山者の前にやってきて、写真のモデルになってくれます^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

イワヒバリ | 05:33:25 | Trackback(0) | Comments(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。