■プロフィール

hayaoki

Author:hayaoki
hayaokiです。

■最近の記事
■最近のコメント

↑ 良ければポチッとお願いします^^

■カテゴリー

■最近のトラックバック
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
道北(ノシャップ岬)
おはようございます。道北シリーズで今朝はノシャップ岬です。

ノシャップ岬

日本海と宗谷海峡の間に突き出している岬です。アイヌ語のノッ・シャム(アゴのように突き出たところ)(波の砕ける場所)が語源となってます。


冬支度☆

ノシャップ岬のハマナスも冬支度をしてました^^


日の入り時刻☆

ここは夕日が綺麗な事が有名で、日の入り時刻を表示してました。見たかったのですが時間がないので、この日はスルーです^^;


稚内灯台

稚内灯台(約43m)。北海道で1番高く、日本でも2番目に高い灯台です。
赤白のツートンカラーは雪の中でも見やすくするためです。
このあたりのシンボル的な存在となってます^^

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

観光 | 02:56:38 | Trackback(0) | Comments(3)
道北(サロベツ原野~利尻富士)
おはようございます。先週はかなりの積雪がありましたが、今週は冷え込むにしてもドカ雪まではなさそうです。雪かきに取られる時間も少なくてすみそうです^^


11/25(日)は道北の方に行ってきました。道路の方は国道などのメイン道路は除雪車や塩カルなどの対応で、ほとんど雪はありませんでした。かなり遠かったですけど・・・^^;

サロベツ原野

サロベツ原野

サロベツ原野

サロベツ原野。豊富町から幌延町にまたがる東西約7km、南北約28km、面積約23000haの大湿原です。湿原といっても現在はだだっ広い所に雪が積もっている所なのですが・・初夏には50種もの原生花が一斉に花咲くそうです。


利尻富士

利尻富士(1721m)。上のサロベツ原野の写真にもうっすら見えてます。日本海を隔てた利尻島にありまして、このあたりのシンボル的な山です。
この日は雲りで晴れ間は少なかったのですが、わずかに雲が切れた時に撮りました^^



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

観光 | 04:22:06 | Trackback(0) | Comments(5)
北の赤い実♪
おはようございます。 明日の日曜は晴れマークが出てまして、ドコに行こうか思案中です。遠出するのは道の凍結が怖いけど・・ゆっくり行ってみようかな・・とも考えてますが、さてさて^^


今朝は北海道の登山で見かけた、あか~い実をUPします。

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ(ミズキ科) 10/21雌阿寒岳にて。まつぼっくりはわざと置いてみました^^;

ナナカマド

ナナカマド(バラ科) 10/28チセヌプリにて。七回カマドで焼いても燃えないと言わていて、そこからの名称みたいです。平地で今でもよく見かけますね。

マイズルソウ

マイズルソウ(ユリ科) 10/28チセヌプリにて。

ツルリンドウ

ツルリンドウ(リンドウ科) 10/28チセヌプリにて。

ハマナス

ハマナス(バラ科) 11/4神居尻山にて。

登山中こういう実を見るたびに、花も見たいな・・という思いを持ちます^^


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

花と植物 | 04:16:55 | Trackback(0) | Comments(8)
ファーム富田
おはようございます☆ 今も雪降ってますね~今日は最高気温でも氷点下という日みたいです。さぶ~い1日となりそうです。


「ラベンダーといえば富良野」というイメージを定着させたと言われている、ファーム富田に行ってきました。ガイドブックなどで紹介されている、彩りの畑はさすがにありませんでしたが、現在は室内で花を楽しむことが出来ます。

ラベンダー

ラベンダー

ラベンダー(シソ科)。夏場に咲くものよりは小型種のようです。


ゼラニウム

ゼラニウム

ゼラニウム(フウロソウ科)。上は一般的なものではなくて、ちょっと変わった種みたいです。
下のはドコにピントがあっているんだ?という感じですが・・^^;;


ナデシコ

ナデシコ(ナデシコ科)。夏に登山をすると、よく見かけますがこの写真のはいかにも園芸種という感じです。そういえば今年の夏は見かけなかったな~東北の方では自生していないのかな?

その他ペチュニア、ガザニア、クレマチスなどなどが見ることが出来ます^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

花と植物 | 05:22:32 | Trackback(0) | Comments(5)
パッチワークの路
おはようございます。今日は休みですが、寒気が一度来ましたのでさすがに登山はムリそうです。散髪などにも行きたいのですが、さて今日はなにしようかな?^^;


先週は美瑛~富良野まで行ってみました。写真は美瑛町パッチワークの路です。
パッチワーク☆

パッチワーク☆

夏場は麦や豆など作物が植えられてまして、ここからの景色がパッチワークのような丘陵地が目を楽しませてくれます。

北海道のガイドブックには必ずといっていいほど、パッチワークの路の写真は載っていますが、現在はこんな感じでちょっと寂しい雰囲気かな・・^^;

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

観光 | 03:33:18 | Trackback(0) | Comments(4)
パークゴルフ☆
おはようございます。昨日は1日中雪が降っていまして、いよいよ冬到来といった感じです。
今しがた外に出てみると道路は凍結してるようで、歩いていても滑りそうでした。
車の運転も歩くのも、気をつけねばですね^^;


写真はパークゴルフ場。車を走らせているとアチコチで見受けられます。道内ではかなり浸透しているようで、専門誌も発売されているようです。ゲートボールのような感じかと思っていたら、結構本格的ですね。
パークゴルフ場

雪が降ったらもう出来ないのでしょうか?とすると、この光景も来年まで見れないのかな^^;

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

未分類 | 03:51:37 | Trackback(1) | Comments(5)
落葉松
おはようございます。道内では良い天気も本日までで、明日からはずっと雪マークが入っています。ワタシの職場でも雪対策なども話し合うようになりました。雪が積もるようになったら朝は駐車場、事務所前の雪かきをする事になるでしょう^^;

からまつの林を過ぎて・・と昔国語の時間で詩を読んだ事のある落葉松(からまつ・唐松)です。
マツ科カラマツ属で落葉針葉樹で、北海道ではアチコチで目にする事ができます。
落葉松

落葉松

ワタシの通勤道中にある落葉松です。同じ落葉樹でも白樺はすっかり落葉していますが、落葉松はまだ紅葉真っ最中です。

まつぼっくり

落葉松のまつぼっくり。普通のまつぼっくりよりも少し小さいです。


紅葉落葉松

郊外に行けばこんな感じで紅葉を楽しめます^^


落葉松の絨毯

落葉松並木です。山に行けば落葉をしています。平地でももうすぐ落葉することになるでしょう。

落葉松のじゅうたんのようで、気持ちよく歩けました^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

花と植物 | 02:19:52 | Trackback(0) | Comments(6)
神居尻山(946.7m)
おはようございます。昨日は登山の予定を立てていましたが、雨という事でやめました。今週末は雪の予報が出ていて、道南あたりの山でも雪が降るのかな?もしかすると、今回UPする「神居尻山(かむいしりやま)」が今年の登り納めになるのかもしれません。

というわけで、11月4日に登った神居尻山です。樺戸山地の北部にある山で、札幌からは約100キロ北上したあたりに位置します。コースタイムは、

登山口(11:05)15℃→Cコース合流点(12:20)5℃→山頂(12:50)4℃→登山口(15:20)8℃です。今回はBコースから登ってAコースを下ります。


登山口

登山道

Bコース登山口です。小屋に木を打ちつけているのは、今後の雪対策なのかな。写真からは読めませんが、「熊注意!」の看板が出ています。下の写真は登山開始間もなくの登山道、うっそうとした所を登っていまして、すぐに雪を確認しました。


山頂とCコース合流点

山の中を登って来ましたが、急に視界が開けてきました。右がCコースとの合流地点で左が山頂となります。遠いな~^^;


ダケカンバの木

途中にあるダケカンバの木にも積雪しています。

増毛連峰と増毛山地

振り返ると「増毛山地と増毛連峰」が見えます。ワタシは右側に見える稜線を歩いています。


山頂を見る☆

Cコースとの合流地点に着きました。ここから山頂を見ています。3枚目の写真で分かると思いますが、いったん下ってまた登りになります。このあたりから段々と雪も深くなってきました。


山頂☆

山頂です。雪が積もっていて方位盤が見えません(^^;
本日はBコース登山口付近で3人の方とすれ違った以外、だれもいませんでした。この雪の積もった山で遭難しても気付かれないだろうな・・と思ったりもしました。一応登山者記録はしておきましたが・・^^;


ピンネシリに行く稜線

山頂からピンネシリに行く稜線です。4時間くらいで往復できるとガイドブックに載っていましたが、今回はもちろん行きません。


C地点までの稜線

左がCコースとの合流点です。ワタシは右の稜線を歩いてきました。


Aコースの稜線

休憩小屋が見えますが、その先で真っ直ぐ行けばピンネシリに、曲がればAコースです。
Aコースはさらに雪が多かったのに加えて、雪の上に大きな足跡が・・もしかして熊?!
いやそうじゃないかもしれませんが、ノンキに写真を撮るのはやめて、鈴を鳴らしながらの下山となりました。


Aコースの登山道

かなりAコースを下った登山道です。このあたりで写真で見たことのあるクマゲラを見たのですが(たぶんクマゲラかと・・)、カメラを構えた途端に逃げられました。残念~^^;;


Aコースから見る神居尻山

Aコース下山中に見た神居尻山です。ここから見ると雪は少ないように見えますが、登ってみると思った以上にありました。このままBコース登山口に戻りまして帰ることとしました^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 02:21:41 | Trackback(0) | Comments(4)
ニセコ周辺の山
おはようございます。そろそろ年末に帰省するための、飛行機のチケットを取らなくてはいけないのですが、いまだにいつまで仕事をするのかわからず、チケットの予約ができません・・^^;;

ニセコ周辺の山をUPしました。

ニセコアンヌプリ

ニセコアンヌプリ。10/28に登ったイワオヌプリの東隣に位置します。ワタシが持っている北海道の山のガイドブックには載ってなくて知りませんでした。イワオヌプリ同様に人気のある山のようです。中段右に見える小屋が気になります^^


羊蹄山

羊蹄山。このあたりでは最高峰の山です。別名は蝦夷富士。すでに山頂付近は雪化粧でして、登山するのは来年となります。残念だなぁ。裾野が美しい事で知られているみたいです。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

自然 | 02:04:30 | Trackback(0) | Comments(6)
イワオヌプリ(1116m)
おはようございます。ワタシの職場で先の日曜日に知床5湖を回った人がいまして、話を聞いていると行ってみたい衝動にかられています。しかし遠いなぁ・・^^;

ちょっと日にちが経ってしまいましたが、10月28日午後に登ったイワオヌプリです。
午前中に登ったチセヌプリより東側に位置する山で、山名はアイヌ語でイワワ・ヌプリ(硫黄・山)からきているそうです。

コースタイムは、登山口(12:15)→イワオヌプリ分岐(12:45)→クレーター付近(13:15)→山頂(13:45)10℃→下山開始(14:00)→イワオヌプリ分岐(14:35)→登山口(15:10)でした。

イワオヌプリ

登山口から見ているイワオヌプリです。真ん中上部の窪んだところから右側に上がった所が山頂です。

大沼分岐点にて

分岐点です。ここからイワオヌプリと大沢方面に分かれます。写真のトップが山頂かと思いましたが、そのまだ上がありました。

キケンな石段

石段を登ってます。左側には「キケン」という表示も・・・矢印がありますので、そのとおりに進みます。

クレーター

石段を登ったらクレーターが。この山は火山でこのクレーターが火口になるそうです。上部に稜線がありますが、右端が山頂です。ワタシは左側(西側)から回ってみることにしました。

景色

西側の景色です。大沼が見えています。
景色

大沼の写真から右側の景色です。少しですがナナカマドの紅葉を見ることが出来ました^^

山頂への稜線

ここから山頂に向かって稜線を歩いていきます。

山頂に向かって

前方が山頂です~

山頂

着きました。さっそく写真を^^

西側への稜線

山頂から西側を見ています。木の類は生えていません。休憩してから下山を開始しました。

登山口・駐車場

登山口、駐車場です。建物は五色温泉です。入りたかったのですが、時間がなかったのでこのまま帰路につきました。

イワオヌプリは石段の所を注意すれば、登りやすい山で、山頂付近の火山口の荒々しい雰囲気が印象に残りました^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 02:51:36 | Trackback(0) | Comments(4)
キタキツネ
おはようございます☆ 11月に入っていちだんと寒くなってきました。まだ冬の入り口なのでしょうが、今朝は起きてすぐ部屋のヒーターを入れました。ホントに一冬乗り切れるのか、いまだに半信半疑なのですが・・^^;

チセヌプリ周辺ではやたらキタキツネを見かけました。ワタシなどは珍しいので、何枚か写真を撮りましたが、次の日出勤して地元の人に聞いてみると、「キツネなんてアチコチにいるよ。珍しくもない」と言われました。ただエキノコックスの問題があるために触らない方がいいようです。


キタキツネ

駐車場にて

1枚目のはすぐ藪の中に逃げられましたが、2枚目は駐車場にいて、人に慣れている感じでした。

尻尾が大きい印象です^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

動物 | 03:15:57 | Trackback(0) | Comments(6)
チセヌプリ
おはようございます。今度の日曜は雪の予報が出ていましたが、昨日確認すると南部の方は晴れに変わっていました。ラッキーです^^

10月28日に登ったチセヌプリです。ニセコ連峰の中部にある山で、チセヌプリはアイヌ語で「家みたいな山」という意味らしいです。コースタイムは、
登山口(7:30)9℃→長沼(8:00)→チセヌプリ分岐(8:50)→山頂(9:40)16℃→下山開始(9:50)→チセヌプリ分岐(10:25)→長沼(11:10)→神仙沼(11:20)→登山口(11:50)でした。

霧の長沼

登山口から長沼到着です。朝は霧が発生していまして、長沼は確認できませんでした。ワタシは写真の道が登山道かと思いましたが、行き止まりで15分くらいロスしました^^;

この後20分後には霧も晴れてきました。

急登のはじまり

登山道

長沼からチセヌプリ分岐まではゆるやかな登りでしたが、登山道はぬかるみが多く滑りやすかったです。上の写真は分岐を過ぎて、ここからが山頂まで急登のはじまりです。下の写真は登山道でけっこう斜面がきついところも・・

シャクナゲ岳

山頂間近の登山道から見たシャクナゲ岳です。下のほうに分岐点があります。

チセヌプリ山頂

山頂到着です。初めて北海道の山頂に足跡を残すことが出来ました^^v
急登を歩いた為、軽く汗をかきました。

山頂の湿地帯

山頂に湿地帯があります。山頂にあるのは珍しいですね。ハイマツなどが生い茂っていまして近くには行けませんでした。初夏にはミズバショウなどが咲くそうです。
山頂でしばらく休憩したので下山開始をしました。

長沼とチセヌプリ

長沼とチセヌプリです。水量は少なかったですね。右側の急斜面を登ったのかと再確認しました^^;

神仙沼

神仙沼の湿原

神仙沼と湿地帯です。けっこう有名らしくて、観光バスなども来てまして、観光する人たちはかなりいました。沼の夏場はネムロコウホネ、チングルマなどが咲くらしいです。また紅葉の頃も見ごたえがあるということです。まぁ晩秋のこの時もしっとりしていてよかったです。

湿地帯を見ると月山を思い出しました^^


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 02:55:28 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。