■プロフィール

hayaoki

Author:hayaoki
hayaokiです。

■最近の記事
■最近のコメント

↑ 良ければポチッとお願いします^^

■カテゴリー

■最近のトラックバック
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
山の日の東鳳翩山
やはりせっかく登ったので、ブログにアップしよう。

8月11日の山の日は、東鳳翩山に二ツ堂コースから登ってきました。
登山デビューの後輩君が一緒だったのですが、かなりしんどそうでした(笑

東鳳翩山山頂  山口市街
山頂の写真で山口市街を望んでいます。
山頂ではキアゲハやツマグロヒョウモンの乱舞を見る事ができました。

栗  カワラナデシコ
山頂付近では栗が沢山育っています。カワラナデシコは登山道のアチコチで確認できました。

スポンサーサイト
山登り | 23:17:54 | Trackback(0) | Comments(0)
藤原岳(1140m)
先週出張から帰ってきまして、本日から出勤しています。

4月9日ですが、花の百名山の藤原岳に登ってきました。
鈴鹿山脈にあり、このあたりでは登山者には人気の山であります。

コースタイムですが、観光駐車場(7:40)→大貝戸登山口(7:50)→4合目(8:35)→8合目(9:23)→山荘(10:15)→(10:45)天狗岳(10:55)→山荘(11:20)→(11:40)藤原岳山頂(11:50)→山荘(12:05)→8合目(12:45)→聖宝寺道3合目(13:30)→1合目(14:00)→観光駐車場(14:30)

観光駐車場  大貝戸登山口と休憩所
左側は観光駐車場の写真です。ワタシはここに車を止めました。1日300円となります。
右側は大貝戸コースの登山口です。立派な休憩所があり、ここでは水道やトイレなども完備されています。またここも20台くらいは車の駐車ができるようになっています。(8時前でしたがすでにここは満車でした)

登山案内図
登山案内図です。この日は大貝戸コースから登って、天狗岳・藤原岳に登り、聖宝寺コースで下山しました。
案内図の右手にある御池岳は過去2回(   )登ったこともある懐かしの山ですが、現在は鞍掛トンネルは通行止めで、コクルミ谷コースは入山が出来なくなっています。

神社と登山道
登山口にある鳥居を通ると、再び鳥居がありました。ここで本日の安全祈願をしました。
右手は登山道ですが、概ねこんな感じの登山道で、道中は迷うことはほぼ無いと思います。

八合目
8合目の写真ですが、ここで休憩をとられている人が多かった。

藤原岳と山荘
山荘と避難所です。(トイレも完備されています)
バックには藤原岳が確認できます。

天狗岳への道
先に天狗岳の方に向かいます。
広々とした平原を歩くのはホントに気持ちよかったです。
岩が見えますが、これは石灰岩です。地元の秋吉台が思い出されます。

天狗岳山頂
天狗岳山頂です。ここからの展望もなかなか良かったです。
実は藤原岳よりこちらの方が、標高は高くなっています。
適度に休憩をして、また来た道を戻り、藤原岳を目指します。

山頂への道
山荘を過ぎて藤原岳を望んでいます。
あともう少しで藤原岳山頂です。

中腹からの写真
中腹からの画像ですが、このあたりの風が心地よくて、思わず立ち止まってしまいました。

藤原岳山頂  山頂からの展望
山頂に到着です。ここからは鈴鹿山脈の山々が見渡せました。

ここからは今回の登山で、出会った花や植物です。

コバイケイソウ
コバイケイソウ。8合目では見事な群生を確認できました。

ヤマネコノメソウ
ヤマネコノメソウ

フクジュソウ  フクジュソウ
おそらくこの山で一番人気のフクジュソウですが、もうすでにピークは過ぎていました。

キクザキイチゲ  ヒロハノアマナ  イチリンソウ
キクザキイチゲ    ヒロハノアマナ           イチリンソウ

ミヤマカタバミ  キケマン  ヒトリシズカ
ミヤマカタバミ          キケマン              ヒトリシズカ


山登り | 22:27:29 | Trackback(0) | Comments(0)
高千穂峰(1574m)
14日の午後からは高千穂峰への登山です。
ここは2010年の11月13日に一度登っています。(そのときの記事はこちら

前回は龍馬伝の影響で登山者が多かったですが、この日はその時の1/4以下でしょうか。。。

今回の登山タイム:登山口(11:50)→御鉢登り(12:20)→御鉢(12:55)→背門丘(せとを)(13:20)→(13:50)→山頂(14:00)→背門丘(14:15)→御鉢(14:30)→登山口(15:10)

高千穂河原ビジターセンター登山口
登山口の様子。

御鉢への登り
しばらく歩くと御鉢への登りが始まります。
前回の写真と比べたら分かるのですが、赤褐色の地肌が見えなくなっています。これは新燃岳の噴火の火山灰が積もっているからです。
砂浜を歩いているようで、かなり足を取られて歩きにくいです。

中腹より
中腹から下を見ています。ここまで休み休みで歩いています。

馬の背と高千穂峰  御鉢馬の背  高千穂峰
ようやく登りきり、御鉢の馬の背を歩きます。ここもかなりの火山灰が・・・

それでも馬の背を歩くのは気持ちいいですね。風も程よく吹いていました。

背門丘  中腹より
左の写真は背門丘(せとを)から最後の登りです。これも火山灰があり、かなりしんどかったですね。

右の写真は中腹から背門丘・御鉢馬の背を望んでいます。

山頂  天の逆鉾
山頂は前回と同じ写真ですね。
この時日差しはあるのですが、ゴロゴロと雷が鳴っています。
これは降るかな?と思い、休憩もそこそこに降りる事としました。
ビジターセンターの登山口付近で雨が降りはじめました。ぎりぎりセーフという感じです。

この後、龍馬とお龍さんも入ったという、塩浸温泉に行きました。
こじんまりした温泉で320円です。人も少なくのんびり入る事ができました^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 21:31:17 | Trackback(0) | Comments(0)
韓国岳(1700m)
久々の更新です。
5月末に出張から帰ってきて、ちょっと忙しい日々が続いていました。
しかし今年の夏は暑いですね。ワタシはなんとかバテずに暮らしています^^;

お盆休みが14日~18日まであったので、九州の方をブラブラしたきました。

14日は登山デーで韓国岳と高千穂峰を登ってきました。
100名山は25座目となります。

韓国岳はいくつかルートがあるようですが、今回は大浪池コースを歩きます。

登山タイム:登山口(6:05)→(6:45)大浪池南(6:50)→(7:45)大浪池北・東ルート(7:50)→(8:40)山頂(9:00)→大浪池北(9:35)→(10:25)大浪池南・西ルート(10:30)→登山口(11:00)


登山口
大浪池コースの登山口です。県道1号線沿いにあります。
駐車場も県道沿いにあり20台くらい停められそうです。

大浪池南側
しばらく森の中を歩きますが、池の近くになると視界が開けて明るくなります。
写真は東コースから池の南側を見ている写真です。

大浪池と韓国岳
東コースをしばらく歩いた所から見る、韓国岳と大浪池です。
大浪池は火口湖で日本で一番高いところにあるそうです。

山頂への登り
東ルートで大浪池を半周すると、韓国岳へ登り一辺倒となります。
この登りは結構キツくて休み休み登ります。

韓国岳山頂と三角点  山頂からの大浪池  新燃岳
韓国岳山頂の様子の3枚です。看板の裏側には温度計がありまして、確認すると28℃でした。
風も心地よく吹いていて、体感温度はもう少し低く感じられます。

右の写真は新燃岳がわずかに見えます。2011年1月26日に大噴火をしました。
いまだに入山規制がありまして、立入禁止となっています。
新燃岳の奥には高千穂峰も見えるのですが、この日はガスがかかっていて確認できませんでした。

大浪池南側  大浪池と韓国岳
下りは大浪池西コースを歩きました。
左の写真は西コースた高い位置から見る南側です。

この後登山口に戻って、次は高千穂峰に登る為に、高千穂ビジターセンターへ向かいました。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 22:21:50 | Trackback(0) | Comments(0)
蒜山縦走
岡山出張の最後の休日だった5月19日(土)は、もういちど蒜山に登山に行ってきました。
今度は蒜山縦走に挑戦です。

登山タイム:駐車場(6:05)→上蒜山登山口(6:20)→五合目(7:00)→8合目(7:40)→上蒜山山頂(8:20)→ササ原(9:05)→中蒜山山頂(10:00)→フングリ峠(11:00)→下蒜山山頂(12:00)→7合目(12:40)→下蒜山登山口(13:20)

この日は天気も良くて良い登山ができました。後で知ったのですが、中蒜山登山口で今年の蒜山の山開きがあったそうです。

熊看板
駐車場にあった熊の看板です。前回の登山のときは気づきませんでした。
怖くなったので鈴を付けにもう一度車に戻りました^^;

ジャージー牛
登山口ではなんと牛のお出迎えです。
ジャージーという種類の牛ですが、目の前で見るとかなりの大きさです。目が可愛かった^^

五合目
前回も同じところで撮った1枚です。五合目から見る早朝の蒜山高原です。
見比べてみれば分かりますが、緑がだいぶ濃くなっています。

八合目 大山  八合目
これまた前回と同じ写真ですが、大山はもう雪解けしているモヨウです。

上蒜山山頂
上蒜山山頂(1202m)は展望もないので、1枚撮ったら中蒜山に向かいます。

中蒜山と下蒜山
上蒜山山頂から少し降りたところから撮った、中蒜山と下蒜山です。
下蒜山が遠く感じられます^^;

ササ原  ササ原~上蒜山
上蒜山→中蒜山の降りきったところはササ原でした。このあたりは適度な風があって気持ち良かったです。
カタクリの花もこのあたりで見かけられました。

中蒜山山頂
中蒜山(1122m)に到着です。左に見えるのは上蒜山です。
少し休憩した後、下蒜山に向かいます。

中蒜山から見る下蒜山
中蒜山から見る下蒜山です。まだまだ遠く感じられます^^;

ササ原から見る下蒜山
中蒜山→下蒜山を降りきったところから下蒜山を望んでいます。ここから最後の上りですが、さすがに少しくたびれました。

下蒜山山頂  蒜山と大山
下蒜山到着です。ここからは中蒜山・上蒜山・大山までも望む事ができます。

下蒜山下山道
下蒜山下山道です。キツイ傾斜のところもありましたが、ここからの歩きは、景色も良くて実に爽快でした。

下蒜山登山口
下蒜山登山口に到着です。犬挟湿原が脇にありました。

ここからタクシーで上蒜山駐車場に向かいます。金額は3330円でした。

今回の登山で出会った花たちです。
レンゲツツジ  ダイセンキスミレ  トキワイカリソウ
レンゲツツジの赤い花が登山道に映えていました。このあたりのキスミレはダイセンキスミレと呼ばれています。

ミツバツチグリ  チゴユリ
初見のチゴユリです。日陰にひっそりと咲いていました。  

イワカガミとスミレ  カタクリ
この時期の花の主役はイワカガミとカタクリでしょう。
カタクリはピークは過ぎていましたが、下蒜山山頂付近ではまだまだ蕾の花も見掛けられました。

蒜山023チョウ  大きなモズ
蒜山で見かけたチョウと野鳥です。チョウの種類はまた調べてみたいと思います。
野鳥の方はモズのようですが、普通種と比べるとかなり大きなモズでした。トリミングしてみますと、オオカラモズのようですが、この時期にもいるのかな?
望遠を持っていたらと悔やまれます^^;

鳥のさえずりも沢山聞こえました。中でもトケン類4種(カッコウ・ツツドリ・ホトトギス・ジュウイチ)の鳴き声を聞けたのは嬉しかったです^^

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

山登り | 04:03:44 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad