■プロフィール

hayaoki

Author:hayaoki
hayaokiです。

■最近の記事
■最近のコメント

↑ 良ければポチッとお願いします^^

■カテゴリー

■最近のトラックバック
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
オオハシシギ
昨日からのどが痛い・・・今日はいろいろ行きたいところもあるのですが、あまり無理せずゆっくりとしようかな?

出張先の海岸では、オオハシシギも見ることができました。

オオハシシギ

オオハシシギ
オオハシシギは3羽でした。
といっても、これを撮っているときはオオハシシギって分からなかったんですけど・・・

オオハシシギとツルシギ

オオハシシギとツルシギ
実は前回のツルシギと同じところで撮りました。
ツルシギより少し小さめでしょうか。

これにて出張中の野鳥写真は終了です。
今回は初見の鳥が全部で7種(アメリカコハクチョウ・ヘラシギ・ミヤコドリ・ユキホオジロ・ミユビシギ・ツルシギ・オオハシシギ)、充実した野鳥観察でした。
仕事の方はボチボチでしたかな?


スポンサーサイト
オオハシシギ | 06:25:17 | Trackback(0) | Comments(0)
ツルシギ
出張先の海岸では、ツルシギも見ることができました。
こちらも初見となります。

ツルシギ
ツルシギは5羽の群れでした。
ツルシギ

ツルシギ
1羽ほど換羽中でしたが、もうちょっとすれば夏羽のツルシギが見れたのかもしれません。

ツルシギ | 01:52:59 | Trackback(0) | Comments(0)
ミユビシギ
海岸では初見のミユビシギを見ることができました。
ここでは10羽ほどの群れでした。

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ
なかなか他のシギとは見分けが難しいのですが、ミユビシギの特徴は指が3本ということなので、間違いないと思います。

ミユビシギ
ミユビシギを見れたのは嬉かったけど、この海岸は空き缶が多かった・・・ポイ捨ては止めてほしいですね。

ミユビシギ | 22:30:25 | Trackback(0) | Comments(0)
海岸の野鳥たち
今年の4月は充実した野鳥観察ができております^^

しばらく出張中の写真の紹介が続きます。
海岸を歩いてみたら、またミヤコドリと出会えました。

ユリカモメとミヤコドリ
ユリカモメとミヤコドリと・・あと右側はオオセグロカモメでしょうか?
しばらくジッとたたずんでいました。

ユリカモメとハマシギ
こちらはユリカモメの廻りをハマシギがチョロチョロと・・・
まるで生徒たちと引率の先生という感じでした。

野鳥 | 23:37:08 | Trackback(0) | Comments(0)
藤原岳(1140m)
先週出張から帰ってきまして、本日から出勤しています。

4月9日ですが、花の百名山の藤原岳に登ってきました。
鈴鹿山脈にあり、このあたりでは登山者には人気の山であります。

コースタイムですが、観光駐車場(7:40)→大貝戸登山口(7:50)→4合目(8:35)→8合目(9:23)→山荘(10:15)→(10:45)天狗岳(10:55)→山荘(11:20)→(11:40)藤原岳山頂(11:50)→山荘(12:05)→8合目(12:45)→聖宝寺道3合目(13:30)→1合目(14:00)→観光駐車場(14:30)

観光駐車場  大貝戸登山口と休憩所
左側は観光駐車場の写真です。ワタシはここに車を止めました。1日300円となります。
右側は大貝戸コースの登山口です。立派な休憩所があり、ここでは水道やトイレなども完備されています。またここも20台くらいは車の駐車ができるようになっています。(8時前でしたがすでにここは満車でした)

登山案内図
登山案内図です。この日は大貝戸コースから登って、天狗岳・藤原岳に登り、聖宝寺コースで下山しました。
案内図の右手にある御池岳は過去2回(   )登ったこともある懐かしの山ですが、現在は鞍掛トンネルは通行止めで、コクルミ谷コースは入山が出来なくなっています。

神社と登山道
登山口にある鳥居を通ると、再び鳥居がありました。ここで本日の安全祈願をしました。
右手は登山道ですが、概ねこんな感じの登山道で、道中は迷うことはほぼ無いと思います。

八合目
8合目の写真ですが、ここで休憩をとられている人が多かった。

藤原岳と山荘
山荘と避難所です。(トイレも完備されています)
バックには藤原岳が確認できます。

天狗岳への道
先に天狗岳の方に向かいます。
広々とした平原を歩くのはホントに気持ちよかったです。
岩が見えますが、これは石灰岩です。地元の秋吉台が思い出されます。

天狗岳山頂
天狗岳山頂です。ここからの展望もなかなか良かったです。
実は藤原岳よりこちらの方が、標高は高くなっています。
適度に休憩をして、また来た道を戻り、藤原岳を目指します。

山頂への道
山荘を過ぎて藤原岳を望んでいます。
あともう少しで藤原岳山頂です。

中腹からの写真
中腹からの画像ですが、このあたりの風が心地よくて、思わず立ち止まってしまいました。

藤原岳山頂  山頂からの展望
山頂に到着です。ここからは鈴鹿山脈の山々が見渡せました。

ここからは今回の登山で、出会った花や植物です。

コバイケイソウ
コバイケイソウ。8合目では見事な群生を確認できました。

ヤマネコノメソウ
ヤマネコノメソウ

フクジュソウ  フクジュソウ
おそらくこの山で一番人気のフクジュソウですが、もうすでにピークは過ぎていました。

キクザキイチゲ  ヒロハノアマナ  イチリンソウ
キクザキイチゲ    ヒロハノアマナ           イチリンソウ

ミヤマカタバミ  キケマン  ヒトリシズカ
ミヤマカタバミ          キケマン              ヒトリシズカ


山登り | 22:27:29 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。