■プロフィール

hayaoki

Author:hayaoki
hayaokiです。

■最近の記事
■最近のコメント

↑ 良ければポチッとお願いします^^

■カテゴリー

■最近のトラックバック
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
山の日の東鳳翩山
やはりせっかく登ったので、ブログにアップしよう。

8月11日の山の日は、東鳳翩山に二ツ堂コースから登ってきました。
登山デビューの後輩君が一緒だったのですが、かなりしんどそうでした(笑

東鳳翩山山頂  山口市街
山頂の写真で山口市街を望んでいます。
山頂ではキアゲハやツマグロヒョウモンの乱舞を見る事ができました。

栗  カワラナデシコ
山頂付近では栗が沢山育っています。カワラナデシコは登山道のアチコチで確認できました。

スポンサーサイト
山登り | 23:17:54 | Trackback(0) | Comments(0)
ガマガエル
7月の写真です。森の中での野鳥観察は全くの不振でしたが、ヒキガエル(ガマガエル)を発見しました。
ヒキガエルも種類がありますが、どうもよくわかりません。もしかしたらこの色は外来種?

ガマ

ガマ

帰ってから写真を確認すると…このガマ、蚊にかぶられちょったです^^

両生類 | 01:27:55 | Trackback(0) | Comments(0)
カブトガニの産卵
8月13日ですが、カブトガニの産卵を観察しました。
産卵期はすでに過ぎているのですが、もしかしたらと思って寄ってみたら、
1組のつがいがすでに来ていて、産卵していました。

産卵中
前方がメスで後方がオスです。メスは砂を掘って頭をうずめて、200~300個の卵を産むそうです。

沖に戻る
満潮から1時間経過後に産卵が終わって、引き波と共に沖に帰っていきました。

山口県ではカブトガニは絶滅危惧IA指定です。
古生代から生き抜いている、このカブトガニをこのまま絶滅させるわけにはいけません。
われわれには何ができるのだろう?
少なくともこれ以上の干潟の埋め立て、産卵場所の護岸工事は行ってはいけないと思います。

動物 | 18:55:31 | Trackback(0) | Comments(0)
カブトガニ観察会
カブトガニの観察会に行ってきました。(7月23日と8月6日)

観察会の様子
干潟観察会の様子

3齢
前体幅12ミリ=3齢

7齢と抜け殻
上は抜け殻、下は脱皮後で40ミリ=7齢
脱皮後は1.3倍になるそうです。

9齢  9齢裏
70ミリ=9齢。ここまでくるのに卵から約4年。干潟で見られるのはこの大きさくらいで、10齢になると沖の方に移動するようです。

干潟での観察はかなり面白い。童心に帰るとはこういうことでしょうか?^^;

動物 | 23:24:42 | Trackback(0) | Comments(0)
ごぶさたでした
ここ1年間、仕事関係が忙しくて野鳥観察・登山・そしてこのブログなど、遠のいておりました。
4月ごろから野鳥観察のほうはボチボチ見に行っています。

思えばこのブログももうすぐ10年なんだな~読み返してみると、いろんなことがありました。
そしてコメント頂いた全ての方に感謝です。
不定期になるとは思いますが、こちらも辞めてはいません。この先も続けます^^

アカショウビン

昨日撮ったアカショウビンです。3年ぶりの出会いでした^^

ごあいさつ | 01:58:08 | Trackback(0) | Comments(4)
次のページ

FC2Ad